ホリモクのこだわり

問題の解決策は、自然のシステムを活用することにあった!

人間・動植物・微生物と共生する、自然界のいとなみを手本に最先端技術で開発したFFCテクノロジーを活用。

FFCテクノロジーとは、住宅で使用する木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分(結合水)に水溶性の2種類の鉄(Fe2・Fe3)ミネラルを含浸させる技術です。
現代の木材は酸性雨や大気汚染の影響を受け、木材そのものの機能が低下し、健康な素材とは言い切れなくなっています。
また建材・クロスを始め漆喰や珪藻土なども、化学薬品を使用して商品化されています。そのような化学物質にFFCテクノロジーの技術を活用することで、化学物質の害を最小限に抑える事ができるようになりました私たちは、この技術を住宅に導入しているのです。
※FFCテクノロジーは、ハーバード大学や国内の大学などによって研究がなされ、その効果が証明されています。

FFC(R)テクノロジー

活性結合水が良質な空気環境バリアをつくりだす

人間はこの世に誕生するまで10ヶ月間、母親の羊水の中で育ちます。すべての生命にとって太古の海は、母親の羊水と同じような役割をしていました。そんな自然界のいとなみを手本に、最先端技術によって開発された生命の分子構造を活性化させる水溶性二量体鉄塩(FFCテクノロジー)を活用します。

良質な空気は樹木など本来の生理機能へ蘇生することで生まれる

細胞組織を堅牢にすることで、樹木自身がつくりだす腐敗菌などを抑える薬効・除菌・脱臭・除湿効果、マイナスイオンの発生による森林効果などが高まります。また、遠赤外線放射効果が上がり新陳代謝を活発にし、免疫力を強める健康バリアをつくりだします。

抗菌加工した建材もFFCの活用で良質空気環境へ

木材・合板・クロス・布・ガラス・金属・珪藻土・漆喰・皮・紙等の建材に最先端技術のFFCを活用することで、健康安全住宅に欠かせない安定した結合水の環境をつくりだし、悪玉菌等の増殖を抑制し、善玉常在菌の働きを活性化します。良質な空気に改善する免疫バリアの健康な住環境をつくりだします。
FFCRテクノロジーを活用することにより、マイナスイオン増大、カビの抑制、善玉菌の増殖効果など様々な効果を生みだしています。 今ではこの技術を、食品関係、衣服、医療施設内の家具やカーテンなど幅広く取り入れられています。

写真で分かる、免疫処理の効果!!

FFCを活用した免疫住宅に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください!
免疫住宅のモデルハウス見学もできますよ。ぜひ、美味しい空気を味わって下さい。