ホリモクブログ

布団の衣替え4

2019年10月9日

こんにちは🌟

今日の「あやちゃんチャンネル」も最後まで見てくださいね👯‍♀💕

今回は前回の続き、「ダイソー」のバルブ付圧縮袋とまとめについてです☝️

ここで驚きの事実が🤯🤯🤯
なんとダイソーには、バルブなし型の羽毛布団専用圧縮袋はありますが、羽毛布団専用のバルブ付布団圧縮袋がないのです😫😫
今回は、毛布用のバルブ式布団圧縮袋を使用しました。


毛布用ということもあり、サイズが他の2つと比べ、20cmも小さめ。
布団自体は畳むというより、丸める感じで押し込みました😎🙌
チャックは一発できれいに閉められて感動🥺
パンパンでしたが、その後、勝手に開いてしまうことはありません。
そして、バルブから空気を吸い始めると、やはり空気が抜けない!


ダイソーのバルブは、中の弁が付いた部分を、
上の半円型の部品を閉開することで空気の出し入れを調整しています。
そのため、このバルブを開けた状態で吸引するのですが、押しつけて吸引すると中の空気が抜けないのです。


こんな感じで空間を作りつつ、吸引するとやりやすいです。


仕上がりは約7cm。やや高さは残りますが、他の2つより小さいサイズを考えれば凄いですよね👏✨

評価  バルブ ★★☆☆☆

    チャック★★★★★

    満足度 ★★★☆☆

残念ながらバルブ部分が、コツを掴むまで難しく、思うように作業ができなかったので、満足度は★3つに。
できれば、羽毛布団用サイズも作ってほしいと思いました。

★まとめ
どの圧縮袋も、いいところが違い「これがおススメ!」とは言いにくい結果になってしまいましたが・・・
あえて決めるなら・・・

扱いやすさ№1は「セリア」
バルブのしっかり度№1は「キャンドゥ」
チャックのしっかり度№1は「ダイソー」
といったところでしょうか。
どれもしっかり閉めてさえいれば途中で膨らんでしまうということはありませんでした。
圧縮袋で何かとかさばる羽毛布団を収納して、新しい季節を迎える準備を🌈
ぜひ‼
いろいろな布団で試してみてくださいね🎉
ちなみにニットなどは30枚ほど入れて圧縮できます😝
次回何を書こうか悩み中です😨
どなたかアイディアいただけませんか??😭🙏
では🙏次回もお楽しみに~🤗

10月5日、6日は完成見学会へGO!