ありがとう通信

ありがとう通信

高井龍 エピソード

ありがとう通信 2018年7月24日

お世話になります。

堀伊木材の髙井です。毎日猛暑が続きますが、皆様、お身体は大丈夫でしょうか?

 

久々に家族の休みが合い、その日は暑かったので糸貫市民プールに子供達を連れて行ってきました。

プールに行く前にモレラで自分の水着とラッシュガードを買いに行ったのですが、子供達と妻と僕ではセンスが全く違い、選ぶものがみんなバラバラ…(汗)

試着の為に、更衣室に持って行った海パンの数12本ぐらい…(笑)

更衣室で海パンと格闘・・・プールに行く前から疲れちゃいました。

ファッションショー的な感じで、頑張って、着替えては妻と子供に見てもらう。

その繰り返しでした。

何とかみんなの意見がまとまり自分には似合わなさそうな可愛いデザインの海パンを娘と妻に決めてもらいました(*∀*)

海パンに合わせてラッシュガードも買って、さぁー!プールに出発です。

 

プールに到着して、流れるプールも普通のプールも隙間がないぐらいの

人・人・人!!まさにこれが芋洗状態だぁ!!!と思う程でした。

暑いから皆さん考える事は一緒ですよね(笑)

 

この糸貫市民プールはコスパが凄くて、大人2人と小学生の子供2人で1,000円!!!しかもスライダーや滑り台と小さい子供には充分な設備なのです!

3時間程で帰ってしまいましたが、子供達はもっと遊びたかった様でした・・・。

水に浸かっているのは気持ちいいのですが、体はかなり疲れました(-_-;)

でも久しぶりに充実した休日で、子供達とコミュニケーションが取れた良い1日になりました!

 

まだまだ暑い日が続くと思いますが、お身体には十分お気を付けて過ごしてください。

社長の話 第8弾

ありがとう通信 2018年7月24日

 

いつも皆様には、お世話になり本当にありがとうございます。

また、この“ありがとう通信”もお読みくださり心から嬉しく思います。

さて、今月号では何を書こうかと思っていましたが

日頃よく使う言葉でもありますが不思議に思う言葉があります。

それは「運」が悪かったといわれている事です。

実は運というものが自分自身でコントロールできる様になればいいなぁって

思ってた所、勉強する機会に恵まれたのです。簡単に出来る事ではないと思いますがたくさんの内容がある中で私が印象に残った内容の一つを紹介させて頂きます。

『運を高めるために必要な3つのこと』

1、「幸運」のなかにある「不運」、「不運」の中にある「幸運」を見つける。

2、「幸運」を循環させることで「不運」を入れないようにする。

3、「幸運」であっても決して驕らず「不運」であってもその流れを変える。

以上、この3つが大事になってきます。

例えばバブルの時に銀行から融資をしてもらえなかった会社がありました。

バブルの時に貸してもらえなかったのですから、その会社はどん底です。

その他の周りの会社は融資を受け拡大路線をとっているのに融資がダメな会社は資金不足で何もできません。

非常に不運ですよね‼ところがバブルが崩壊したあと、生き残れたのはこうして

銀行から融資を断られた人や会社だったのです。

逆に銀行から多額の融資をしてもらえた人や会社の多くはバブルがはじけて

融資金の返済ができなくなり破産してしまいました。

時間がたって後から幸運だったことが不運に、不運だったことが幸運に変わることはよくあります。

大事な事は、この原因は今の時点の運の中に次の時点の「運の種」が内在しているという事です。

「幸運」な出来事の中に「不運の種」が「不運」な出来事の中に「幸運の種」が隠されているのです。

その種が知らず知らずのうちに育っていき、次の「不運」な出来事や「幸運」な出来事をもたらして、早め早めに「運の種」を見つけていき、それぞれの「運の種」について事前にしっかり手を打つ事ができるという事です。

もう一つ、どうすれば「幸運」は持続するのでしょうか?

『他人のために運を使うと「幸運」は持続する』逆に、幸運は「溜め込みすぎ」てもいけないらしいのです。

「幸運を溜め込む」ことにやっきになってしまい、その「ため込んだ運」が本人の知らぬ間に「邪魔」に変わってしまったことが原因です。

例えば高級食品の数々を自分だけでは一気に食べきれないから、ためられるだけためておこうと棚の奥深くにしまっておいたら、高級品であっても腐ってしまえば価値はゼロです。

無理やり食べてしまおうとすれば、身体を壊してしまうこともあります。

「有益」なものもため込んでおくだけでは、逆に「有害」なものに変わってしまう事です。幸運を長く維持するには人の為に使う事です。

これからもそのことを考えつつ私は私のできることをしていきたいと思っていますし、お客様に喜んで頂けることを考えて一生懸命精神していきます。

P.S 危険な暑さが続きますが、どうか皆様におかれましては熱中症などに

十分気を付けてお身体を大事にお過ごしくださいませ。

 

後藤公伊知 エピソード

いつもお世話になりありがとうございます。 後藤です。

梅雨時の蒸し暑い時期、お身体は大丈夫でしょうか?

梅雨が明けるまでジメジメした時期が続きますが、食中毒などには気を付けたいものです。

先日弊社のイベントでポートメッセ名古屋で行われた『住まいの耐震博覧会』にバスツアーを企画し募集を掛けたところ沢山の方に参加して頂き、バス2台での出発となりました。

本当に感謝です。ありがとうございました。

バスは社長号、常務号(スタッフでの呼び名)に分かれ分乗。出発後途中川島パーキングにて休憩。

岩津先生も同行されましたので休憩までは常務号にて、休憩後は社長号にて『人生は楽笑』の題で30分ぐらいの話をして頂きました。

知らないことや、気づくことが多い内容でした。

順調に目的地へと向かっておりましたが、ポートメッセ名古屋の近くには、まずレゴランドがあるのをご存知でしょうか?

土曜日の10:30くらいだったけど園内には人がまばらでした。入場料が髙いと聞いた事があるのでそのせいでしょうか・・・。それとも雨だったから・・・?

現地到着。各メーカーや木に関すること、お子様が木と触れ合えることができる場所etc・・・広い会場には所狭しといろんなものが展示してあり、新しい商品なんかも見ることができました。

ちなみにこの日はTRFのSAMが来ておりダンスコンテストやSAMと一緒に踊ったりするコーナーも催されておりました。SAMはすっかりおっさんでした(笑)

ポートメッセは約3時間ぐらい滞在し、その後リニア鉄道館へ足を運び内部を見学!

午後はあいにく雨になってしまいました(泣)ですがリニア鉄道館は私たちの年代若しくは男の子、鉄道マニアさんが大変喜ぶところだと感じたところです。興味のない方はいまいちかと思われますが・・・。

ここもレゴランドやファニチャードーム名古屋のすぐそばにあり、雨の為かレゴランドからのお客様がこちらへ入ってくる姿も見受けられましたし、外国人の観光団体も来場されておりました。

帰りのバスはビンゴゲーム!先ほど寄ったリニア鉄道館にて1等から3等までの景品を社長自ら選びそれぞれのバスで行いました。普通のビンゴゲームは出た人から順に1等、2等と景品がもらえるわけですが、今回はホリモクルール!ビンゴが出た人はくじを引く権利が与えられ、そのくじによって何等かが決まるというルールです。

ホリモク祭りに来場されている方はご存知と思いますが、そんな感じで盛り上がりアッという間の帰りの道中でした。

本当に楽しい1日を過ごせたのではないかと思っております。

今後もホリモクはいろんなイベントを企画しております。いろんな方のご参加をお待ちしております。

これから梅雨が明けいよいよ夏本番がやってきます。

熱中症等お体には十分お気をつけ頂きますように。

又、今後も私も含めホリモクをよろしくお願い致します。

社長の話 第7弾

ありがとう通信 2018年7月5日

日頃、皆様には何かとお世話になりありがとうございます。

そして今月号の“ありがとう通信”もお読みくださり本当に心より感謝申し上げます。 “ありがとう通信”を読んでくださった方から温かい言葉を頂いた時は とても嬉しくなります。これからも楽しく書かせて頂きますのでよろしくお願いします。

さて、今月号は言葉の意味の中で好きな言葉であり好きな意味を書かせて頂きます。 私は自分の考え方次第で人生が幸せになると信じています。

そして人生が楽しいものになる様に人生学も独学ではありますが 学ばせて頂いております。まず好きな言葉に『熱意は磁石』という言葉があります。

私は日頃の仕事を通じて大事にしている一つに“熱意を持ってお客様に接する”という事です。『熱意は磁石』という言葉は、いかに才能があっても、知識があっても熱意の乏しい人は画ける“もち”に等しいのです。

反対に少々知識が乏しく、才能に乏しい点があっても一生懸命というか強い熱意があれば そこから次々とものが生まれてきます。 その人自身が生まれなくてもその姿を見て思わぬ援助、目に見えない加勢というものが 自然に生まれてきます。

それが才能の乏しさを補い知識の乏しさを補ってその人をして仕事を進行せしめる全うさせるという事になるわけです。あたかも、磁石が周囲の鉄粉を引き付けるように熱意さは 周りの人を引き付け周囲の情勢を大きく動かしていくと思います。

もう一つ『社会にやらせてもらう』について書かせて頂きます。

お互いの仕事なり職業というのは、それぞれに自分の意志で選び自分の力でやっている様ではあるが、本来は社会がそれを必要としているからこそ成り立つものである。 つまり自分がやっているのではなく、社会にやらせてもらっているのだという事が言えると思います。

床屋の仕事でも、髪をきちんとしたいという人々の要望があって、初めてそれが必要とされるのである。このことはどんな仕事でも同じであると思います。

そういうことを考えてみるとそういう仕事を世間からやらせてもらえるのは 本当にありがたいことだという感謝の念も生じてきます。

商売を“あきない”とも言います。 お客様がホリモクにあきない様にして頂く為には何をしていかなければいけないのか⁉ ホリモクの会社は社会のためにどんな事をするのが大切なのか⁉ などなど成長していくための精進を忘れてはいけないと考えています。

お客様にまた会いたい‼また行きたい‼と思って頂けるように素敵な魅力を持った会社に していきたいです。

今月号はいつもより少なくなってしまいましたが熱い心は毎月一緒です。 これからも、お客様に喜んで頂けるように精進していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

P.S だいぶ暑くなってきました。 皆様におかれましては熱中症などに気を付けてお身体を大事にお過ごしくださいませ。

平野久男エピソード

こんにちは、いつもお世話になっております。常務の平野久男です。

今回は貴重な経験をしたお話をさせて頂きます。

近所に10年以上前からコンビニを経営している幼なじみがいます。

家が近くでも会話する事がなく、自治会の親睦会で久しぶりに会いました。

『おぉぉ~久しぶり!!仕事、調子いい??』など昔話で盛り上がりました。

いろいろな会話の中でコンビニ経営の話しになり、

聞いてみるとお店を出したが、ただの物売りだけではなく、

少しでも余裕が出来たら利益に関係なく、何か喜んでもらえる事がしたいと。

『例えば、老人ホームへお邪魔してコンビニをするとかさぁ~。おじいちゃん、おばあちゃんって気軽に出掛けてコンビニで好きなもの買えないじゃん…。老人ホームの中にコンビニがあるといいじゃん!!自己満足かもしれないけど、喜んでもらえないかなぁ~最終的にはそんな事がしたいんだ!!』

『おぉ~!!すごいなぁ!さすが生徒会長!!』って盛り上がりました。

 

ちなみにうちの妻が介護士をしており、これも何かの縁かと思い、

早速妻にお願いをして1カ月後には老人ホームでコンビニを開くことが出来ました。2ヶ月に1回ぐらいのペースで定期的にお邪魔させて頂いていたようです。

最近になって聞いたのですが、実は幼なじみは倒れて救急車で運ばれ退院はしたけれど前と違って身体の自由が効かなくなり、商品の積み降ろしや運搬・陳列・片付けが大変になってしまったから老人ホームでコンビニはこの先できないかもしれないとの事でした。

『50歳になって少し余裕もでてきたし喜んで頂ける老人ホームのコンビニは、ずっと続けていきたい!』と言っていたので心配で彼のお店に連絡をしました。

聞いていた通り最初は車椅子でしたが何とか今は杖をついて歩けられるようになっていました。

でも迷惑になるから老人ホームのコンビニはストップしている状態だということ・・・。

 

私も何か手伝える事があるならと思い

『日にちがあうならオレも手伝うからまた老人ホームでコンビニやろう~!!!』と声を掛けました。

返ってきた言葉が

『お店では若い子がレジにお金を粗末にポイって投げる子もいるのに、老人ホームにいくとさぁ、50円か100円なのかも分からないおじいちゃんやおばあちゃんもいる中、好きな物を手にして楽しそうにニコニコしてさ、その時、幸せを感じるんだ!もう、老人ホームではコンビニできないって諦めていたけど、ありがとう!!久男に心動かされたからまたやってみようかな。お願いできる??』って

半泣きで返事をもらいました。

 

平日だった為、社長に相談をしたら

『それは良い事だ!行ってあげて!』と暖かいお言葉を頂きました。

当日、弊社の課長とふたりでお手伝いさせて頂きました。

2~30人ぐらいだったと思います。おじいちゃん、おばあちゃんが介護士さんと一緒にお買い物を楽しそうにされていました。

私達がお手伝いできた事、それも何かのご縁だと思っています。

 

何に対しても私達にできる事、喜んで頂ける事があればそれを続けていけたらいいな。と思っております。

 

平野裕治エピソード

平野 裕治 エピソード

こんにちは、いつもお世話になっております。平野(専務)です。

毎日毎日、大変忙しくさせて頂いております。ありがとうございます。 m(_ _)m

今回は私の癒しであるアオリイカ(ヤエン)釣り!のお話です。

先日およそ一年ぶりに三重県の尾鷲へ行ってまいりました。

高速道路をぶっ飛ばし3時間ちょい!

なかなか距離もあり尾鷲まで行く気になりませんでしたが、

この時期!日本海は釣れません。仕方なしですね!

仕事を18時に終わり、今までで最速の19時に出発です。

眠いのを我慢し、焦る気持ちを抑え!高速ぶっ飛ばす!!

そして、釣り場近くのエサ屋さんに到着です。エサは生きアジを使います。

なぁ~んと!アジさん一匹150円(税別) いーお値段しますねー

でも、買わないとアジさん!釣れないんですよねー 仕方なしで、30匹購入です。

さあ、いよいよ釣り場の防波堤が近づいてきました。深夜に到着いたしました。

ガ━━(゚д゚;)━━ン!! 車いっぱいですやん、竿もいっぱい並んでるやんかー (-_-;)

なぁ~んと!キャンピングカーまで停まっているではありませんか?

(うらやましいですなーー)

何とか、空いている場所を探し、竿の準備です。そして、エサのアジを付け投げます。

(ビューン!ポチャーン!)

あとはイカさんの”あたり”をのーんびりと”熱燗”飲みながら待つのみです。

(4月の夜の海はまだまだ寒いですよー)

お~い!イカさん!はどこー?? ”あたり” ないよ? いつの間にか徹夜して朝です。    ̄O ̄)ノおはようさん!

あ-反応なし―!!もう昼です。

(今回はボウズ!なのか?)

アジさん!生きてるかい??サボってないかい??何気に竿を上げてみる。

えー?根掛かり??竿をあおっても、抜けてきません。

仕方なしで糸を手でつかんで引っ張って切りますか!

ぐい!!  ズコ!!  あれ?? 抜けてきた。

良かったー!何に引っかかっていたのでしょう。

えっ??なんか重い?なんか付いている??でも生命反応なーし。

ん? なんか手ごたえが・・・・

なんかいる!いる?針にかかっているよ、何でしょうか?

おーー水面になんか見えてきたーー!!

べろ~~ん?? ぐりん!ぐりん!わぁー きもーい!何ですかこの生物!!

アナゴか?ウミヘビか?

ぐるぐるにまるかっているよー きんもー!なんだぁー(ll゚д゚ll) 

おーー! 「海のギャング」 ”ウツボ”! やないかぁー

太っと!でっか!(1m以上はあるね)!

そして、これまた ガラがきんもー!!

(黒と黄色の網目模様です)

あかーん!しゃーない取りあえずは、タモに入れるか!

タモに入れたぞー 重いなー  せいの!!よいしょ!

陸に上げました。ぺたん!ぼよよ~ん!ぐりん!ぐりん!

またまた、まるかっています。しかし、きもいなー (ll゚д゚ll)

しばし、観察!!よく見ると歯がすごいね!こんなんに噛まれたら流血!間違いなしですな!

ヤンキーな顔してますなー!「海のギャング」やからな!でもよく見るとキュートですよ。

写真と動画を撮り、海にお帰りしてもらいますか!!

 「ちょっとまったー」!!w(゚o゚)w (キャンピングカーのおっさん登場)

「何!!もったいない!ウツボ おいしいでー 」  (えー?ほんまかいなぁ?)

「嘘やないでー食べてみー 」(まじですか?捌くのできるのかなー?)   ネットで調べてみるか!

おー!! ”うまい” と書いてあるぞ!興味が湧いたー!もっと調べてみる!

まずは頭を落として!骨、硬いねー!必死でウツボの頭を落とす!

その時です!!

漁船で出かける漁師!仲間に「おい!ウツボの頭切っとるぞー」

(俺のこと?俺だよね!)(そうだよ!俺しかいないよ!)

珍しい事なのか?やっぱり・・・?なぁーんて事があったりして、何とか頭を落とした。しかし、体”ヌルヌル”やんけ! ヾ(。><。)ノ゙

塩でもむと良いらしいが、もんでも、もんでも取れませんな!身を切ってみると・・・・ なんてことでしょう!!

このきもい!外観からは想像ができない、透き通るように美しい弾力のある白身!(この時期のウツボは特にウマイらしい)

そして、ぷるん、ぷるんのコラーゲンたっぷり!(なんかうまそうです)(でも、裏返すとトラ柄!きんも!!)

何とか食べる事が出来そうな物体へとなりました。その後、帰宅してからから揚げにしてみたよ!

うんま!マジ,うま!コラーゲンたっぷりのプリプリ!臭みも無く、脂”のりのり”のフグに近いかな!!(^o^)丿

キャンピングカーのおっさん!嘘ではなかったね

感謝!感謝! <(_ _*)> アリガトォ

今回もなかなかのチャレンジャーでしたね!

次回もまた面白いネタ仕入れておきますね!!

社長の話 第6弾

ありがとう通信 2018年6月26日

日頃から皆様には本当にお世話になりありがとうございます。

そして、今月もまたこの“ありがとう通信”とお読みくださりとても

感謝いたしております。

読みにくい部分がございましたらご容赦下さいませ。

さて、毎月何を書かせて頂こうかと思っているのですが

毎日色々な場面に遭遇します。その中から書かせて頂くことが決まります。

今月号では、『試練』について書きたいと思います。

私にも色々なことが起こりますが

心の持ち方、考え方によって乗り越えています。

たまにこんな話を聞く事がありました。

それは「職場に行きたくないんだけど・・・」

「仕事に行きたくないけど生活があるから・・・」

等々です。私は会社を経営させてもらっている立場なので、会社を繁栄させる為に

頑張らなければいけない!!

お客様に喜んでもらって社員の生活も守っていかなければならない‼

などなど考えることはいっぱいです。

立場は違うから、同じ目線で話すことはできないけれどまえに自分の

“心が軽くなった話”を知ることができる機会があり

勉強させてもらったことがあったのでそれを話しました。

自分の起きてくる問題は自分を進歩向上させようとして、与えられたものです。

バージョンアップさせてくれる段階なんだということを話しました。

また有名な哲学者ソクラテスの話をしました。

昔あるところに一組のご夫婦がいました。奥さんがものすごく口やかましい、

俗に言う「悪妻」だったらしいのです。

そんな女性を妻にした男性がソクラテスです。

ソクラテスは「悪妻を持てば哲学者になれる」と言ったのです。

すごい考え方だとビックリしました。

その他にも印象に残っている言葉があります。

耐えられないような試練は本来与えられないということです。

そして自分に乗り越えられるような試練しか与えられないということです。

もう一つ私が好きな言葉があるのです。

それは、試練とセットで“開運の扉”も用意されているということです。

“開運の扉”とは心に安らぎを与えてくれたり、楽しい気持ちに切り替えてくれるものです。

なるほどと思う話がありますので書かせて頂きます。

「会社に行くの嫌になっちゃったんです」という女性がいました。

理由を尋ねたところ

「自分より若いOLたちの会話があまりにも幼稚で話を合わせるのが大変なんです」と彼女は言う。

私は「そうなんだ、大変なんだね」って彼女の話を聞いていたんです。

ところが、途中から彼女の話す内容が変わってきたんです。

「実は職場で気になる男の人がいるんですけど」

「彼のこういうところが素敵なんです」

「その人は上司なんですけど」って言うんです。

そこで言った言葉が

「だったら、明日から大好きなその人に会いに行くと思うのです」

そしたら彼女はほほを赤く染め、満面の笑み。急に幸せになっちゃった。

彼女のためにその素敵な男性に恋をするという“開運の扉”を用意されていたんですね。

嫌いな方ばかり向いていたのをあっさり向きなおした途端

同じ職場の中に心ときめくとこがあったと気づいたのです。

『自分が見るべきものに目を向けていなかったのです。その向きを直しただけで幸せになれたのです』

私はこの話が大好きで日頃の自分のことにもあてはめています。

それは試練だと感じたことの横に“開運の扉”を探すということです。

P.Sだいぶん暑くなってきましたが皆様におかれましてはお身体を大事にお過ごしくださいませ。

社長の話 第5弾

ありがとう通信 2018年6月26日

日頃、皆様には大変お世話になりありがとうございます。

そして、こお“ありがとう通信”も毎月読んで下さりとても感謝いたしております。

あまり字が上手ではございませんが、心を込めてこれからも

楽しく書かせていただきますのでどうかよろしくお願いします。

私は一日一日を大事に元気で頑張っていこうと思っています。

いつも思うことですが、一番は身体が元気であることだと思うのです。

そう思っている私ですが、この“ありがとう通信”を書かせてもらいながら

肩をぐるぐるまわしております。五十肩のせいか肩が痛いのです。

まだ肩が痛いだけで、他は元気なのでありがたいなぁって思います。

しかし今年の冬はインフルエンザがとても流行りましたね(汗)

私の周りもインフルエンザや風邪を引いていらっしゃる方が

たくさんおみえになりました。

その方たちも今は元気ハツラツで本当に良かったです(^.^)

「風邪」と聞くと思い出すことがあります。

それは『心の風邪』です。

実は身体の風邪の他に『心の風邪』というものがあるらしいのです。

身体だけでなくあとから『心の風邪』がやってくることも多いのです。

昔から“心労”や“気苦労”などという言葉がありますが

まさにこれが『心の風邪』です。「風邪は万病の元」とも言われるので

それが身体であろうが心であろうが気を付けるに越したことはありません。

ひきかけの「心の風邪」は初期に治すようにしてできるだけ

引かないための予防をしなければなりません。

身体の風邪の場合と一緒で「心の風邪」も初期症状があるようです。

例えば※自分だけ損をしているような気分がする。

※急いでいるのに気が散って集中できない。

※すごく情けない・・・と悲しくなる。

※いつもなら簡単なことなのになかなか決められない。

※誰かの言ったことが引っ掛かるとずっと頭から離れない。

というような症状の内、多数該当したら「心の風邪」をひいているかもしれません。

「心の風邪」の症状を治す方法が5つあるらしいのでご紹介させて頂きます。

  • 一人で頑張りすぎない・・・誰かの力を借りる。
  • ハードルを一段下げる。
  • 心の栄養補給をする。
  • 「最近どう?」と自分に聞いてみる・・自分を慰める。
  • 笑える場面を増やす・・・笑いは心の疲れを癒す「特効薬」です。

その他にも一人一人違った方法はあるかと思います。

楽しくイキイキと幸せに生きるために、ストレス解消するのも大事だと思います。

釣りが好きな人、旅行が好きな人、ゴルフが好きな人など人それぞれです。

私の場合、最大の喜びは仕事がたくさん頂けて、お客様に喜んで頂き

そして社員に喜んで頂けたときです。

ですから、基本的には休みがない私でも休みがとれるときは仕事運が上がるように

仕事の一環として、吉方位に行って運気を上げることです。

弊社顧問の風水堂代表の岩津先生に吉日と吉時間を教えてもらい吉方に行きます。

この吉方位は100㎞以上(最低40km以上)行くと良いとされています。

ちゃんと裏付けがあるので興味が湧きます。そこで神社仏閣に行き

日頃のお礼と周りの人達へ感謝と会社の繁盛を願ってお参りをさせて頂き

温泉に入って、その土地のおいしいものを食べてきます。

そしてこの道中の時間を利用して会社運営のことなど色々考える時間と

させてもらっています。そんな時間が私にとって心の病気にならない為の一つに

なっております。そして何より心から思う事は、目の前の人に「ありがとう」と

喜んで頂けることが自分の波動を上げ、幸せを感じる原動力になっていると信じています。

心の波動を上げ、毎日を精進して頑張っていきたいと強く願っています。

P.S 皆様におかれましては、お身体と大事にお過ごしくださいませ。

社長の話 第4弾

ありがとう通信 2018年4月6日

いつも、皆様にはお世話になりありがとうございます。そしてこの“ありがとう通信”を

書かせて頂きながら思うのは、毎月読んで頂いている方がいらっしゃり「楽しみにしているよ」って言って下さる方がいて下さることに有難いなぁと心から思います。これからも有難く書かせて頂きますのでよろしくお願いします。さて、今月号では「大丈夫」といる言葉について書かせて頂きます。私は「ありがとう」の言葉とか「笑顔」の言葉とか、何か自分の心が幸せになる言葉が好きです。その他に自分の心が安心、安定する言葉の“大丈夫”という言葉がとても好きです。仕事でもプライベートでもこの事は大丈夫か?とか、どうしていけば大丈夫だろうか?とか日々自分の心を安心させたい事柄はたくさんあります。例えばこの事は「これでも良いと思うよ」だけでなくこの事は「これで大丈夫」とか言われた方が心から安心できるものです。私自身、この大丈夫の言葉でずいぶん助けられています。

いつだったか私に相談された方がいらっしゃいました。内容としては自分の性格についてだったと思います。その時に言った言葉は、自分を嫌わないようにして、自分の事を好きでいられれば幸せだよねって言いました。そして、自分を変えなくていいから今の自分がそのままでどうしたら幸せになるかを考える方にパワーを使った方がいいということを言いました。要するに『そのままで大丈夫』ということです。そしたら、その方は涙を流されて心が軽くなりました。と喜んで頂けた事があります。「大丈夫」のパワーにビックリです。

「大丈夫」という言葉には、言霊やそれを口にした人の“愛の波動”が宿るといいます。波動というのは、周波数のようなもので、高い波動があるところには高い波動の人(豊かで幸せな人)が集まるし、低い波動には同じような低い波動の人(不平不満の多い不幸な人)が引き寄せられるようになっていると聞きます。愛の波動が宿るということは、その言葉を受け取った人がたくさんの愛に恵まれるということ。大丈夫という言霊の力や、愛の波動によっていやされ、幸せの道に導かれるのです。大丈夫っていうのは魔法の言葉ですね。ところで「言霊」って何?かを書きます。私も勉強させてもらって気を付けていることです。言霊っていうのは、例えば愛のある「ありがとう」とか「感謝してます」とかお互いが気持ちいい言葉を使うといい事が起きるよっていうことなんです。それから、人を傷つけるような愛のない言葉を使ったり、人をけなしたりしていると、嫌なことが起きるよっていうことなんです。なぜそういうことが起きるのかっていうとそれは誰にもわからないのです。だけど日本は昔から言霊の国ですよって言われるくらい言葉の影響が強い国とも言います。もう一つ『気づいた時点でマイナスは終わります』です。今を肯定できる人は、単純にプラスになるだけなのです。いいことをしたらいいことが起きる。だから、マイナスのことを考えるんじゃなくて「プラスにしようとしたときにもうマイナスは消えてると思うことが大事ということです。さらにもう一つあって相手にわかる様に祈るのは「陽徳」。そっと愛の波動を送るのは「陰徳」(誰も見ていないところで徳を積むこと)。陰徳を積めば積むほど人生が好転するといいます。私は神社仏閣が好きで、よくお参りに行きます。そこで、お客様、会社関係スタッフ、家族等の幸せを願ってお参りさせてもらっています。これからもずっと続けていきたいと思っています。

P.S.皆様におかれましては、風邪など引かれないようにお身体を大事にお過ごしくださいませ。

 

1 2 3 4 5 6 10