ホリモクブログ

6

2019年10月17日

こんにちは🤗
「あやちゃんチャンネル」のお時間です😉🙌
イイね!待ってますよ💗
おとなしく待ってます💗
じーっと待ってます💗
いつまでも待っていますが!!!!!!!
イイね!がないと暴れます🤣🤣🤣🤣🤣
はい!本格的に秋になってきましたね~🥺
この涼しさ😳😳快適に過ごせます😄😁
季節の変わり目💦体調管理をしっかりして予防してくださいね🙏
そして女性の方はこの夏に浴びた紫外線・・・
秋に一気に肌に出てきます😩😫
お肌の大敵・・・
シミにならないよう🧐日差しが無くても日焼け止めを塗りしっかりと保湿して乾燥させないようにしましょう😉💕

ではでは👯‍♀
今日の投稿に入りますよ~🌟
確定申告はいつまでにすればいい??
どんな書類が必要??
住宅ローン控除は入居の翌年に税務署に確定申告を✨
住宅ローン控除を受けるためには、入居の翌年に確定申告が必要です。
2019年の確定申告は2月18日(月)~3月15日(金)だが、住宅ローン控除の申告は確定申告の中の還付申告に当たり

入居の翌年1月1日から申告ができます。確定申告期間は税務署が混み合うので早めに申告してしまうのもオススメです。

還付金は手続きが早いほうが、指定の金融機関口座に振り込まれる時期も早くなる傾向にあります。
年度末に近いこの時期は仕事が忙しくて仕事を休めない、という人もいるだろう。

税務署によっては日曜日も対応可能な確定申告会場を設けている。また、必要書類と申告書を郵送してもいいと思います。
インターネットを利用して確定申告を行う「e-Tax」という方法もある。
インターネットに接続できるパソコン、電子証明書付きの住基カードまたはマイナンバーカード

家電量販店などで購入できるICカードリーダライタが準備できれば、書類の提出、マイナンバーの提示、申告がオンラインでできる。

住宅ローン控除以外でも確定申告を行う機会が今後ありそうなら、e-Taxを利用してみるのもいいでしょう。

ただし、パソコンやICカードリーダライタがe-Taxの推奨環境に合致しているか、電子証明書付きの住基カードを使うなら電子証明書が有効期限内かを確認しておきましょう!
申告に必要な書類は何?どこで手に入れたらいいの?
確定申告にはさまざまな書類が必要。申告直前になってから慌てないよう、
必要なものは早めに準備しておきたいですね。下記の書類がそろったら、
確定申告書、住宅借入金等特別控除額の計算明細書に記入して、
必要書類と一緒に税務署へ持参、または郵送。記入の仕方が分からないときは、
確定申告期間中に税務署内等に設けられる確定申告会場で税務署の職員が相談にのってくれます。
●住宅ローン控除の手続きに必要な書類と入手先

●2年目からは年末調整で控除の手続きができる
会社員等の給与所得者の場合、2年目以降は勤務先の年末調整で控除の手続きが
済む。1年目の確定申告が済むと税務署から残り9年分の「年末調整のための
住宅借入金等特別控除証明書」が送られてくるので、住宅ローン「残高証明書」と
一緒に勤務先に提出すればオッケーです。

みなさま、どうでしたか??
「住宅ローン控除」について・・・
私は何度読み返しても?????ばかりです🤣

そこで!!!!!

お家の事はもちろんのこと住宅ローンのことも
ホリモク社長にぜ~んぶ聞いちゃってください🤣👏
すぐに答えてくれる頼もしい社長です😎🌟
すごい知識量ですよ😳☝️
一体頭の中はどうなっているのかと思うくらいの
知識量なんです!!
社長の頭の中身と私の中身交換できないかと
何度思ったことか・・・笑笑

次回は増税したことでもらえるエコポイントについての投稿です!
お楽しみに👍

11月16日、17日は2棟同時販売会を開催!