スタッフブログ

渡邊貴彦のエピソード

 

こんにちは、工務の渡邊です。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。すっかり季節は冬 になりました。冬の透き通った風は、身にしみると同時に気を引き締めてくれて気合が入ります。

今回は、清水寺に観光しにいったのでそのことを書こうと思いますが、最初に、 宏基さん、二級建築士合格おめでとうございます\(^o^)/

私が入社してから教育してくださった 先輩が合格されて大変嬉しく思います。1 年前からいつも仕事が終わってから夜遅くまで毎日勉強されていたのを覚えています。

昨年は課長(髙井)や西垣さんも合格しています。そんな先輩方の後ろ姿をみてきて、僕もこんなふうになりたいという気持ちでこれからもより一層奮闘していきたいと思います。
さて、この間、同級生と京都の清水寺に観光しに行ってきました(^^♪ちょうど紅葉シーズ ンでしたので、平日にも関わらず、通りは大勢の外国人観光客や若い学生さん達で賑わ っていました。

車でいったのですが、表通りも狭く、ちょっと裏通りに入ると車のすれ違 いが大変で、駐車場を探すのも一苦労でした。清水といえば、舞台が有名ですよね。

また、 「今年の漢字」も毎年清水寺で発表されると思います。舞台の近くに自分の今年の漢字を 書くアンケート用紙があったので、この一年間を振り返りながら漢字をいろいろ考えていました

。そうすると自然と涙がでてきて、今年も健康で充実した1 年間を過ごせたことに 感謝の気持ちでいっぱいになりました。

私 の今年の漢字は最初に頭にでてきた希望の「望」にしました。

入社して今年3月で丸 2 年になり ます。とある大工さんに言われた言葉で

「一年は長いけど、振り返るときは一瞬だから、ただ一日を過ごす か意識して過ごすかでは 1 年後に大きな違いが出てくるよ!」

という言葉を意識して、また通信の原稿のような機会で自分を振り返ってしみじみと感動できるように日頃から感謝の気持ち を忘れず、日々精進していきます。
今年も残りわずかになりました。長々とした文になってしまいましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。みなさまが健康に新年を迎えられ、来年も健康に1 年過ごせるようにお祈り申し上げます。