ホリモクスタッフの話

後藤公伊知のエピソード

いつもお世話になっております。ありがとうございます。

梅雨が明けまさに夏本番! 暑い日が続いております。

特に今はコロナ禍。この暑い中マスクをしていると体にこたえます。

コロナも気を抜くことが出来ませんが、熱中症にもくれぐれもお気を付けて

行動していただきたいと思います。

 

そんなコロナ禍の中、東京2020オリンピックが開催されました。

東京開催が決定したときはものすごく楽しみにしていた方々もいらっしゃったのでは ないでしょうか? 自分もその一人ですが。

それが1年の延期になり、その上中止の言葉まで・・・

開催までこられたものの携わった人たちの中ではやめられた方も数名

海外では、“オリンピックまたやめた”等の報道も。直前にも解任劇が・・・

当初の期待はいずこにみたいに、しらけムードが漂ってはおりましたが、

なんだかんだで開会式!派手さと感動みたいなものはなかったように思えますが

世界に発信できたのではないでしょうか?

オリンピックもですが、自分は特にパラリンピックを楽しみにしております。

障害を抱えつつも競技をしている選手たちにいつも感動させられます。

競技はロボットが行うわけでもなく周りをサポートしてくれる人がいて、人と人とが競い合う場所、いつも勝てる訳ではないですし、絶対にケガをしないということもないわけで、練習・稽古を重ねてきたとしても何が起こるかわかりません。それがスポーツのいいところなのではないでしょうか。

報道による選手へのプレッシャーは想像がつきませんが、そのあたりメンタルの強さも

兼ね備えていなければ代表として戦うことなど無理なのでしょうね。

心技体といいますが、まさにその通りだと思います。

今回のオリンピックには様々なご意見があると思います。でも、始まりました。

せっかくの舞台に立つアスリートたち。

スポーツが好きな自分は、日本だけでなく世界のアスリートたちを応援したいと思います。

 

これからが夏本番です。家の中でも熱中症が起こる時代です。

くれぐれもお体には気を付けてお過ごしください。

コロナの終息が早く訪れますことを願います。

 

今後とも堀伊木材㈱をよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

最新イベント情報