ホリモクスタッフの話

後藤公伊知

後藤 公伊知のエピソード

いつも大変お世話になりありがとうございます。

猛暑もようやく終わり秋らしい気候になってきたと思います。

朝晩なんか窓を開けていると寒く感じる日が多く、日中も過ごしやすくなりました(o^―^o)ニコ

 

さて、コロナ禍の中皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

感染しない、感染させない等いろいろ対策を考えては行動されているかと思います。

私たち一人一人が注意して行動しなければいけないとは思いますが、

目に見えない物!どこでどうなるのか誰にも分からない様な感じです。

どうかお気を付けて行動されますように。

 

そんな中で、私は両親と同居しております。

おかげさまで二人とも健在で(いろいろ壊れてはおりますが)ありがたい事です。

しかし、八〇歳を超えてる年寄りがいる家族です。以前は土曜、日曜と夕食は共に

していたのですが(平日は時間が合わないので別でした) 私、妻、次男は仕事上

毎日出かける為、どこでどうなるかわかりません。なので、土日の夕食も別々に食事をすることにしました。その後未だに食卓に同席した事がなく、時間差がある為何週間も顔すら合わせる事無く過ごしております。

言葉を交わす事と言えば、親の検査の結果や病状報告の時ぐらいです。(笑)

まだ自分の事は自分でこなしてくれておりますので、その辺は助かっております。

 

お盆休みも、お墓参りに出かけたぐらいで、妻の実家にもよらず、我が家も息子

夫婦はもちろん、私の兄弟も集まる事無く、出かけた事と言えば食材の買い物程度

時間があるからと、家の掃除(模様替えも兼ねて)年末の大掃除並に!

汗かきの私は全身びしょぬれ状態、ベランダをホースを使い洗っているとき、

この水かぶろうとか、子供用プールを買ってきてつかろうかとか考えてしまいました(^.^)

 

この九月の連休は、観光地でお客さんが増えたとか、スポーツでも入場制限を

増やしての観戦が出来る様になってきてるとか、前に進んでいる様に思えますが、

未だに感染者は出続けており安心はできない状態だと思います。

 

今後、寒くなるにつれて風邪やインフルエンザが流行る可能性もあります。

 

皆さま、予防対策をしっかりして、健康に過ごして頂きたいと思います。

 

これからもホリモクが出来る事、何か良い情報があれば皆様にお届け出来る様に

頑張ってまいります💪

 

今後とも宜しくお願いしたします。

後藤公伊知のエピソード

いつも大変お世話になりありがとうございます。

新しい年を迎え皆さんいかがお過ごしでしょうか?

冬になったり秋に戻ったりして中には体調を崩された方もいらっしゃるかも

しれません。くれぐれも体調管理には気を付けてお過ごしください。

 

前回私は親としてイベント前の心境やその当時のお話をさせて頂いたと思いますが、長男は4月末無事に式・披露宴を終えることが出来ました。

幸せな時間を過ごすことが出来たことと、改めて長男は幸せ者だなぁとそしてたくさんの友人たち(少年野球で一緒だった子供たち)に囲まれうらやましくも思った次第です。

なにより一番うれしかったことそれは次男が人目をはばからず号泣していたこと、しかも声出して・・・。“なんやかんや言っても兄弟なんだなぁ”と

つられて私も号泣・・・。最後の挨拶はグッとこらえながらでした。

カンペを準備していったのですが、最初の挨拶は読みましたが、あとはアドリブで何をお話させていただいたか全く記憶にありません。

後日皆様から“素敵な結婚式でした、ありがとうございました。“という言葉を頂いて逆に感謝しております。

その長男時々ではありますが、地元の友人たちとゴルフや草野球などがあるときに帰ってきたりしています。戻るときはいろんなものをもって帰ります。

先日妻が買ってきてくれたスェットが開けることなく置いてあったのですが

見つけたんでしょうねぇ、妻との会話から『これ欲しかったんやて、もってってもいい?』妻はなんて答えたかは不明ですが、私が帰ったら「スェット○○がもっていったよ」の報告。

私苦笑い・・・。こんな感じです。健康に過ごしてくれえればそれでいいんですけど・・・。今年2019年6月両陛下が植樹祭に来られた時長男の家の近くを

通られたそうです。

 

陛下は見えにくいですが、皇后さまの笑顔は拝見できます。

これを見て幸せを感じて頂ければ幸いです。

長男の報告はここまでにさせて頂きます。

かなり略しての報告ですが、細かく書くと長くなりそうなので終わりにします。

さて私たち夫婦ですが前回も申し上げましたが、平成元年に式を挙げ11月で30年を迎えました。(笑)

今年も年に一度の嫁(妻)孝行するつもりで休みをとったのですが、妻のほうが

どうかわからなかったので花でもと考えておりましたら、同じく休みを入れてくれて、さあどこへ行く?ってことになり、自分は伊吹山をドライブしたかったのですが

妻が「思い切り笑いたい」と言い出し、記念日の前日「吉本見に行かへん?」と、私「席は?」「当日券があるみたいだよ」これは大阪にいる姪の情報だそうで、午前の部と

午後の部があり午後は14:00~とのことで、午後の部目指して朝何時に出発等予定を立て翌日出かけました。

大阪には11時頃つきまだ時間もあるので先に昼食べようということでお好み焼きを[定番ですよね(^o^)]おいしかったですよ! 1店しか行ってないですけど(笑)

食べてなんば花月へ、先に入場券をと思い受付に、妻が行ってくれたのですが

戻ってきて「当日券は立見席だって!」「どうする?」うそ?まじか!てなことを考えながらも「どうもこうもここまで来て帰れんでしょう」「立見でもええから見て帰ろ」となり購入。

時間まで会場内をうろうろしていましたが、なにやら入口に人が・・・。

「並んだほうがよさげな雰囲気やで」「でもまだ時間あるよ?」「どうせなら前の方がいいから並ぼ」開場30分前ぐらいでしょうか自分達入れて7~9人ぐらいが並び始め

10分位前には人数把握できないほど、思い切って並んで良かったと(^.^)

入場して立ち見ですが最前列。おかげで柵みたいなのがありもたれかかる事が出来たので救いにはなりました。予定は約2時間です

“きついかな”と思っていましたが笑っていたのでしょうか、さほどきつさは

感じませんでした。2時間があっという間なほど面白かったですよ!時間があればお出かけされてはいかがでしょうか。

ただ、座席ですが、約2か月前に予約しないと座れないようです。

私も1つ勉強しました。(笑)

いつまで二人で出かけることができるかわかりませんが、今後もいろんなところへ出かけたいと思っております。他愛もない話で申し訳ないです。

今後も皆様に喜んでいただけるようさらに精進していきたいと思います。

これからもよろしくお願いしたします。

後藤公伊知 エピソード

いつもお世話になりありがとうございます。後藤です。

今シーズンの冬は積雪こそあったものの道路が凍て付くような冷たさがあまりなかった為朝堤防を走る私や妻にしては助かったシーズンでしたが、

逆に雪不足に悩んでいる方もいらっしゃったかと思います。3月中旬から後半にかけて冷えることが緩んできたのでは無いかと思いますがいかがでしょうか?

さて今回は親として嬉しくて幸せなことが起きましたので(まだ一代イベントが控えておりますが・・・)この話をさせて頂きたいと思います。

 

自分は今年12月で55歳になります。おかげさまで二人の息子に恵まれまして、これといった病気もせずに過ごさせて頂いております。

自分が若い時には父親が25歳の時に結婚をしたものですから23~24歳ぐらいのときは早く嫁さんをと聞かされていたのを覚えています。

偶然でしょうか結局自分も“25歳”の歳に結婚しましたが決してせかされてというわけではありません。タイミングだったと思います。

平成元年に式を挙げました。田舎ですので当時の呼び衆は親戚はもちろん隣付き合い(班で5件、しかも夫婦)関係等などものすごい人数でした。今では考えられませんが・・・。

翌年に長男が生まれ、平成5年に次男が生まれました。その長男が2月に入籍をしました。昨年の9月でした。「俺結婚するから」 「籍だけ入れる予定で式は挙げないから」

との報告みたいな事から始まり、今の時代はそんなもんかと思いましたが、お相手のご両親や本人にすればウエディングドレスは着せたい、着たいとの想いがあるかもしれないので

「式ぐらい挙げてあげたらどう?」と薦め「検討してみる」と言う事に。後日、式をハワイでとの案が浮上・・・ 予定外の話しに驚き考えました。

「まだわからんけど」息子、「よく相談して」私たち夫婦。10月終わりごろだったとおもいます「式場を決めたいが」との電話でした。

「いいかな?」私は本人たちに任せたいので「自分達で決めたのならいいよ」と返事をしたら「おとんならそう言うと思った」と、ハワイでの挙式の話は何処へです。

それから衣装合わせ、2月入籍・写真前撮り・アパート探し・アパート契約・家具、家電の買い物(新しいものがいいと義娘)・納品(ドレッサーを新調したので一番に入れる様伝え)など等バタバタで、今日まで。

4月中旬に入居を予定しているそうです。

平成元年に結婚式を挙げた私たち。平成最後に結婚式を挙げる息子たち。

何かの縁を感じるのは自分だけでしょうか?

息子だけだったの生活に娘(義理ですが・・・)が出来ました。

照れくさいような、なんかどう接して良いのか未だに迷いながら話しをしております。

相手はそんな事を気にせず私たちの事を“パパさん”“ママさん“と呼んでくれています。

今の娘ってあっけらかんとしてるというか、気を使わないのですかね?

その方がかえっていいのですが・・・。  4月末には式を挙げる予定です。

男親ですが、バスタオル準備しておかなければいけない様な気がしております。

私事ではございますが、皆様も少しでも幸せな気持ちになっていただければ幸いです。

今後も皆様に喜んでいただけるようさらに精進していきたいと思います。

これからもよろしくお願いしたします。

後藤公伊知 エピソード

いつもお世話になりありがとうございます。 後藤です。

梅雨時の蒸し暑い時期、お身体は大丈夫でしょうか?

梅雨が明けるまでジメジメした時期が続きますが、食中毒などには気を付けたいものです。

先日弊社のイベントでポートメッセ名古屋で行われた『住まいの耐震博覧会』にバスツアーを企画し募集を掛けたところ沢山の方に参加して頂き、バス2台での出発となりました。

本当に感謝です。ありがとうございました。

バスは社長号、常務号(スタッフでの呼び名)に分かれ分乗。出発後途中川島パーキングにて休憩。

岩津先生も同行されましたので休憩までは常務号にて、休憩後は社長号にて『人生は楽笑』の題で30分ぐらいの話をして頂きました。

知らないことや、気づくことが多い内容でした。

順調に目的地へと向かっておりましたが、ポートメッセ名古屋の近くには、まずレゴランドがあるのをご存知でしょうか?

土曜日の10:30くらいだったけど園内には人がまばらでした。入場料が髙いと聞いた事があるのでそのせいでしょうか・・・。それとも雨だったから・・・?

現地到着。各メーカーや木に関すること、お子様が木と触れ合えることができる場所etc・・・広い会場には所狭しといろんなものが展示してあり、新しい商品なんかも見ることができました。

ちなみにこの日はTRFのSAMが来ておりダンスコンテストやSAMと一緒に踊ったりするコーナーも催されておりました。SAMはすっかりおっさんでした(笑)

ポートメッセは約3時間ぐらい滞在し、その後リニア鉄道館へ足を運び内部を見学!

午後はあいにく雨になってしまいました(泣)ですがリニア鉄道館は私たちの年代若しくは男の子、鉄道マニアさんが大変喜ぶところだと感じたところです。興味のない方はいまいちかと思われますが・・・。

ここもレゴランドやファニチャードーム名古屋のすぐそばにあり、雨の為かレゴランドからのお客様がこちらへ入ってくる姿も見受けられましたし、外国人の観光団体も来場されておりました。

帰りのバスはビンゴゲーム!先ほど寄ったリニア鉄道館にて1等から3等までの景品を社長自ら選びそれぞれのバスで行いました。普通のビンゴゲームは出た人から順に1等、2等と景品がもらえるわけですが、今回はホリモクルール!ビンゴが出た人はくじを引く権利が与えられ、そのくじによって何等かが決まるというルールです。

ホリモク祭りに来場されている方はご存知と思いますが、そんな感じで盛り上がりアッという間の帰りの道中でした。

本当に楽しい1日を過ごせたのではないかと思っております。

今後もホリモクはいろんなイベントを企画しております。いろんな方のご参加をお待ちしております。

これから梅雨が明けいよいよ夏本番がやってきます。

熱中症等お体には十分お気をつけ頂きますように。

又、今後も私も含めホリモクをよろしくお願い致します。

後藤公伊知のエピソード

いつもお世話になりありがとうございます。 後藤です。

新しい年を迎えて早2月、皆様はお正月どのようにお過ごしされたでしょうか?

年末年始暖かい日が続いたと思いますがいかがでしたでしょうか?

かといって出かけるわけでもなく、初詣、新年のあいさつ等々で三が日は終わってしまった感じです。

ま、朝から酒飲んでれば出かけることもできませんが(笑)

さて、今回のエピソードと言いますか出来事ですが、皆様に何をお届けしようかと考えておりましたが

考えた結果、結局自分が出かけた事の話をさせていただきます。

昨年十一月に以前から会社へ連休をお願いし道後温泉へ行ってきました。

毎年恒例です。年に一度の嫁孝行です。自分の友人から道後温泉の話を聞き、

行きたい温泉になっていましたので計画しました。

友人は「新幹線で岡山まで行きレンタカーで道後へのコースだったよ」って話してくれたので

それをもとに嫁と計画、

嫁さん曰く「岡山からレンタカーは誰が運転するの?」「2時間の新幹線で飲むでしょ!」みたいな

確かにそのための列車の旅にしたかな(苦笑い)

あと、いくらカーナビがあっても知らない土地を運転させるのは夫としてコワイ

もう一つは、時間です。中途半端な時間の使い方してるみたいでしたので、

このコースは却下して、ほかのコースを探すことに・・・

探す言うても若い時なら車でと考えるかもですが、約六時間の運転は体力的にきついです。

そう考えると残りは空の旅!

ってことで飛行機を探し先に宿予約、搭乗予約は一週間前ぐらいでした。

飛行機の予約は(もちろんネット予約)予約完了後

明くる日に入金しなければいけないので、ぎりぎりに予約です。

さて当日、羽島~セントレアまで一時間一五分ほど、セントレアから松山空港まで一時間の空の旅、

ですので当初予定ではお昼に松山到着、そこで昼ご飯そして道後入りでしたが、

日ごろの行いのせいでしょうか?セントレアまでは順調でしたが、

搭乗手続きも済ませ時間つぶしの為セントレア内をうろうろとその時アナウンス

「松山行き○○○便出発時刻の変更をお知らせします。

当機は当初予定時刻より三〇分遅れで云々かんぬん・・・」

私ら二人でマジ!みたいな「まあ三〇分ぐらいならぶらぶら

してればすぐだろうよ」なんて考えを覆す再度のアナウンス

「松山行き○○○便出発時刻の変更をお知らせします・・・」なに?

再変更?「出発時刻を○時○分に変更いたします。大変申し訳ありませんとかなんとか・・・」

時計をみてがっくり!なんとまだ二時間もあるではないかい!どうするこの時間!

お昼に到着予定がお昼はここかい!これこそ、<strong>『なんて日だ!』</strong>ですわ

とか言いながらもどうすることもできず、(又いつ変更があるかわからないので離れる事できません!)

デッキに行っては離発着をみていたり、時間があるからセントレア内のお風呂にでも入って時間つぶすか

なんてことも思ったり、なんだかんだで昼ご飯を食べることに・・・(泣き)。

ようやく搭乗へ、案内に従いゲートへ。(あれ?これ外じゃ???)

そうなんです自分たちが乗る飛行機はなんと<strong>プロペラ機!</strong>

考えもしていなかった状況に「へ?」「うそ!」バスに乗り飛行機まで、

機内に乗り込みますが、狭いこと。座席は80人、

満員御礼状態でした(ちなみに平日でしたからサラリーマンが多かったです)

いざ離陸。さすがプロペラ機正直うるさい!ましてちょうど翼付近の座席だったので余計ですかね、

CAのアナウンスがほとんど聞き取れなくて(笑)

でもおかげさまで良いお天気に恵まれたのがせめてもの救いです。

ですので順調なフライトで松山到着!時間は午後3時過ぎ・・・。

空港からリムジンバスにて30分くらいで道後温泉着。

ちょうどチェックインの時間になってしまったのでホテルへ直行です。

バスを降りて歩くこと10分ぐらいのところに宿発見!

チェックインを済ませ部屋へ、一息ついて温泉街へ、外へ出て改めて気づいた事ですが、

道後温泉本館付近には信号がないのです。

当然車やバスは行き来しておりますが、この一角にはないのです。

もう一つは、お宿、ホテルは結構あるのですが、観光バスは見当たらなかったです。

歩いていても団体客(と言っても多くて10人まで)でしたし、

いるだろうなと思われた中国の方も思ったより少なかったように感じました。

本館は昔の名残が残っており風情ある建物です。

映画の【千と千尋の神隠し】をご存じかと思いますが、モデルになったのでは

ともされています。昼間も入れたのですが、まずはぶらぶら観光を・・・

まだまだこれから旅は続きますが、今日はここまでにさせていただきます。

(長くなりすぎますので、あしからず)

続きは次回にてお話させていただきます。

&nbsp;

インフルエンザ患者が最高になったといわれております。自分も昨年この時期にかかりました。

きつかったです。

新しい年が始まったばかりです。どうか皆様インフルエンザだけでなく、

健康にお気を付け下さり日々お過ごしください。

&nbsp;

<img class=”aligncenter size-full wp-image-7886″ src=”http://horii-m.com/wp-content/uploads/2017/03/1.jpg” alt=”1″ width=”480″ height=”270″ />

&nbsp;

&nbsp;

<img class=”aligncenter size-full wp-image-7887″ src=”http://horii-m.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg” alt=”2″ width=”480″ height=”270″ />

後藤公伊知のエピソード

いつもお世話になりありがとうございます。 後藤です。

二〇一六年も早半年が過ぎ、いよいよ夏本番を迎えようとしております。

皆様お身体お変わりなくお過ごしでしょうか?

今年の梅雨は幸いなことにうんざりするような、

雨も降らず(蒸し暑いのは変わらずですが・・・)、

又、台風もいまだに発生していないとか、他県にて被災された皆様には大変お気の毒で、

心からお見舞いを申し上げます。

昨年の鬼怒川決壊や熊本地震、さらには追い打ちをかける様に大雨の被害、

自然の驚異を感じさせられております。

私は海津(海津でも最北で輪之内寄り)に住んでおりますが、

テレビでの映像を見ると40年前のことを思い出し、妻と話をしています。

9・12。ご記憶にある方もお見えになると思います。当時10歳でした。

ほぼ堤防下に住んでおりましたので、

親父と一緒に毎日のように長良川を見に行っていたように思います。

決壊する前日か当日かそこまでの記憶がありませんが、

堤防からしゃがんで手が洗える状態だったのははっきり覚えがありますし、

親父が「向こう見てみよ!」(当時のありのままの言葉です)

と言いながら上流を指差ました。

自分はその状況を目にしたとき、体中に鳥肌が立ち、

本当に怖かったのが今でもよみがえります。

皆さんの中にも堤防を車で走行されたことあると思いますが、

その堤防があの時蛇行(うねっていたと言った方がいいでしょうか)していたのです。

たぶん自分が立っていた所もそういう状況だったと思いますが、

あの光景はしっかりと脳裏に焼き付いています。

その後、ご存じのとおり安八大森地区にて決壊。

当然水は低い方へと流れる為、一番下流の海津町から、

輪中堤防の切り割りを水止めする為に、かなりの大型ダンプがきて土嚢(どのう)を運び、

瞬く間に積んでいったそうです。

(これは成人になってからある人より聞いた話です)

その為、海津は輪中堤防に守られ水は逆流。

本来なら墨俣地区、本巣地区まではほぼ考えられなかった被害が出てしまい、

下流は何の被害もなかったのは、そんな理由があったからです。

うちの嫁も被災した家族でしたので大変だったと話は聞いています。

「切れたらしい!」

聞いた時点で我が家(ほかの皆さんも同様だったでしょう)

は家具その他を2階へ、後の笑い話ではないですが、

火事場の馬鹿力とはこのことで、何がなんやらわからないまま上へあげました。

記憶があるのは親父が仏壇を(仏間の上は押入れ)仏間の天井を外し、押入れの床もめくり、

チェーンブロックで2階へあげた事、

大工でしたから、機械もののモーターなどを外して上にあげた事、

畳をめくりあげ、より高くするため台の上に等々、

子供心にすごいと思ったのと、恐怖しかなかったと思います。

よく考えれば、輪中がなかったらそんな時間さえなかったのではないかと考えさせられます。

水が引いたあとの片付けの時「どうやって上げた?」って感じで逆に下に降ろす時の方が

大変だったのも覚えています。

現在は河口堰ができ、「今日は水が多いな」と見えたとしても

河川敷に水がつかる程度で大水になることまずありません。

しかし、まだ揖斐川がありますのでいまだ安心はできませんが・・・。

まだまだ、伝えきれないこともありますが、今回は幼少時の話をさせていただきました。

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 今後、何が起こるかわかりません。

防災対策をされることも一つの出来る事かなと思いますし、

健康であることが大事だと思いますので、これからもお体には十分お気を付けられ、

毎日を元気に過ごして頂きたいと思います。

 私自身も、今後日々努力致しますのでよろしくお願いします。

ありがとうございました。

後藤公伊知のエピソード

いつもお世話になり、ありがとうございます。後藤です。

ようやく暑い夏が過ぎかなり過ごしやすく、特に朝晩は涼しく感じられるようになったと思いますが

皆さんはいかがですか?ただ、このところ雨が多いように感じます。

そのせいか日中は蒸し暑く感じることも汗かきの私からは、蒸し暑さだけは勘弁願いたいことですが・・・。

季節の変わり目です。一雨ごとに涼しく、寒くなってきます。健康管理には十分にお気を付けください。

またまた自分の順番が参りました。(毎回この言葉ですが)今回はお盆休みを利用して

遊びに行ってきた事等を話させていただきます。

 

行先は平成の大修理(大工事?)とも言われて今年の三月にグランドオープンした

姫路城(別名:白鷺城)へ行ってきました。

写真はもちろん写してきました(最近はデジカメよりスマホの方がきれいです)が、

こればかりはカラーでないと皆様に目で見たことがお伝えできませんのでご了承をお願いします。

テレビでも結構放映されていましたのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

自分自身二度目なのですが(一度目は修理前で社員旅行でした)

今年の初めだったと思います。たまたま、NHKで修理途中の映像を見たときに

『完成したら見てみたい!』これだけで決めてしまいました。

高校の時に姫路城のプラモを買って作ったのを思い出したりして、

五月ごろから予定しお盆休みにという日程で。

子供たちはそれぞれですので、妻と二人旅です。

渋滞がきらいと飲酒ができないのがいやなのと(自分がです)妻の運転は

こわい(大きな声では・・・)等々で列車で移動することに。

新幹線も候補に上がりましたが急いでいくのも味気ないと在来線での移動に。

『帰省と重なるかも』と不安視しておりましたが早朝に出発でしたのでさほどの混雑もなく大丈夫でした。

岐阜から姫路まで四時間ぐらいだと思います。(但し乗り換えあり)

社員旅行ではバス移動でしたのでお城近くの駐車場でしたからわからなかったのですが、

姫路駅から姫路城が正面にそびえ立っていてこれでもう感動!!

先も言いましたがお城の画像はカラー若しくは目で確かめて頂くとして、

姫路駅からの画像と姫路城からの画像はこんな感じです。      

駅からお城

  ↑駅からお城   

お城から駅  

  ↑お城から駅

 

皆様のお手元に届くときにはモノクロになってしまう為少し見にくいかもしれませんが、

駅の北口を出るとデッキがありそこからの撮影です。

お城からは天守閣より撮影しました。

お城まで徒歩、現場着十一時頃だったと思います。

暑い日でしたのでとりあえず喉を潤したいのと食事も含めてまずはお店に。

駅から徒歩約十五分でしたが、厚さの中の歩きでしたから食欲もあまりなく、

お蕎麦にてお腹を満足?させ、少し涼しんでいざお城へ。

人はかなり多いし、中に入るときガードマンの方が拡声器にて

【お城へ入場するのに一時間~一時間半を要します】とおっしゃってるではありませんか。

思わず二人して「まじで!」「どうする?」「出てくるまでに四時間はかかるぞ!」

みたいなこと言いながらも中へ。

駅から見たお城とは別物?みたいにきれいでした。

 

一言で表すと、とにかく真っ白!

今回の大修理は天守閣のみですので、廻りの小天守などは白塗りまではしてませんから余計に浮き立つ白さでした。

熱中症予防にと入場のところで飲み物販売。いろんなところにミストが出てくる扇風機等々。

観光地も大変だな~と感心しながら天守閣へ。

途中、その扇風機を使用するための電源コードがお城の中から伸びていて少し現実へ戻された感じ。

二階、三階と上に上がるにつれて窓から心地よい風が入ってきて、天気がよく最高の眺めを拝む事できました。

中は相変わらず急な階段でしたから、帰りは結構足にきてました。外へ出たのが四時過ぎてたと思います。

日頃の運動不足と年齢とがあるのか恥ずかしい話ですが『とにかく座りたい!』みたいな感じで休憩!

実物を見れた満足感があったかもしれませんが、やれやれという感じですか。

その後はホテルへ、着替えて食事。

夕食は付けずでしたのでフロントに聞いて居酒屋風のお店に。

おすすめの店とあって雰囲気のいいところ入店すぐに気に入ってしまいました

(お酒もものすごく豊富な点もあり)お酒はもちろん食べ物もおいしく、

尚且つ、流れていたBGMが自分たちの青春?ど真ん中の曲でしたから

妻と二人で盛りあがることが出来ました。

妻曰く「カラオケ行きたくなった」と・・・

もちろんここまで来てカラオケはないという事で却下しましたが。

 

翌日もお土産を探しに近くへ、夕方に予定を入れておいた為、昼にはその場を後にしましたが、

二日間で思ったこと感じた事は、城の顔がその日によって変わって見えることです。

日差しや雲等もあると思いますが、昨日と今日では違う顔が見れたのも今回の感動のひとつです。

皆様もお時間があればぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。(但し気候のいい時期をお勧めします)

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

最初にも申し上げましたが、お身体には十分に気をつけてお過ごしください。

今後も皆様に元気や楽しさをお伝えし、皆様の笑顔を頂けるように頑張っていきたいと思っております。

これからもよろしくお願いします。


後藤公伊知のエピソード

いつもお世話になり、ありがとうございます。後藤です。

 

“あけましておめでとうございます”と挨拶を交わしていたのが

昨日のようですがもう2月なんですね。本当に時間がたつのが早いです。

 

新しい年を迎えてますが、私は昨年のお話をさせていただきます。

実は昨年の11月で私たち夫婦は銀婚式を迎えました。

こんな私に妻もよく一緒に居てくれたと感謝しかありません。

そこで日帰りでしたが下呂温泉に行ってきました。列車にてのんびりと

中心街ではなく山の方で、ものすごく静かなところ、

部屋も1700まで借りることが出来ましたし、お風呂はもちろん何度でもOK!!

さすがに食事だけはレストランみたいなところでしたが、

久しぶりの夫婦水入らずってやつでした。

いつも気持ちでは「ありがとう」と思っているのですが・・・

なかなか口には出せず、この機会にと自分なりの感謝をこめて

サプライズ的なことをしようかなって

前日に宿へ花をお願いしまして(もちろん妻には内緒で)

 

到着が1130ぐらいでしたので昼食時に渡すことができるようにお願いして、

当日宿に着いたときフロントで名前を伝えたら支配人らしき人が、

食事の時間やメニュー等の説明をしてくれたのですが、

そこには花の領収書が見えてまして

(まずいよ!今払ったらサプライズでなくなってしまう)

と思った瞬間、支配人さん気を利かせてくれてそっとメニューの下に

隠してくれまして(ナイス)心で叫びました。

さすがに妻にも気づかれることなく昼食へ。

食べながら「ちょっと待って」とお花を受け取り

「いつもありがとう」「おめでとう」と一言伝えて渡しました。

彼女も驚いた様子で「ありがとう」と言って涙を見せてくれました。

それを見た瞬間に自分もウルウルして人目もはばからず

二人で涙流しての昼食でした。

 

お風呂は下呂独特の温泉ですので、温まりましたし、気持ちよかったです。

帰りは支配人自ら駅まで送っていただけるという事でしたので時間になって

フロントへ。なぜかお客さんが玄関に何やら観察?しているようで

そしたら支配人「今狐に餌を与えていますのでもうしばらく待ってください」

って「え?狐?野生の?」「もちろんです」って。

なんでも親狐が車にはねられて亡くなったそうで迷い込んでここに来たとか、でも毎日ではないみたいです。人馴れ?みんなでがやがやしていても

動じず黙々と食べておなか一杯になったら山の中へ帰っていきました。

野生の狐かわいかったです。

 

支配人の車にて帰り道、山道ですれ違う車もほとんどなく寂しいところだな

と考えながらよく見ると車がセンターラインを跨いで走っていまして

(いくらすれ違いの車が少ないとはいえ横着だな)なんて思っていたら

「なぜセンターライン跨いで走るかわかりますか?」

「自分も思ってました、何でですか?」

「野生の動物が飛び出してきてもいいようにです」なるほど!

避けられないそうです。

しかもぶつかった場合よほど小さな動物であれば別なんだそうで

まず車がダメになりわが身も危険という事でした。

夜は特にライトに向かってくるみたいですので。

単純に日帰り温泉旅でしたが、いい思い出になりました。

妻も喜んでくれましたし。

でもそのあと何度か喧嘩しておりますが・・・

子供も社会人となり親もおかげさまで健康でいてくれています。。

家族がみんな健康で過ごせている我が家は今とっても幸せです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも皆様に元気や、楽しさをお伝えする事が出来る様に、

頑張って行きたいと思っておりますので、今後も宜しくお願いします。

後藤公伊知のエピソード

いつもお世話になり、ありがとうございます。後藤です。

お日様が当たっている所に居るとさすがに暑さが感じられるようになりました。(家の中が寒く感じます)

季節の変わり目です。みなさん体調崩されてはいないでしょうか?お気を付けください。

暖かくなってきたといえば、みなさんは“ヤモリ”ってご存知でしょうか?トカゲみたいなやつですが・・・

写真で見るとこんなんです

clip_image002

気持ち悪いと思われた方には大変申し訳ありませんが、この“ヤモリ”についてお話をさせて頂きたいと

思いますので今回だけはご勘弁頂きたいと思います。

調べたところ“ニホンヤモリ”というそうです。秋田県以南の本州から沖縄まで広い地域に生息しているみたいです。地域によっては“家守”とも言われ大事?にされている所もあります。

初めて見たのは子供が小さいときですから10年ぐらい前になると思います。家族で沖縄旅行へ出かけたとき

子供が寝てから、嫁と夜の散歩に出かけたとき家の壁(コテージ風のホテルでしたので)に何やら動くもの

嫁「トカゲ?」自分「トカゲは壁には上らんやろ?」そんな会話をしていたらガードマンさんが来て

「何をしているのですか?」と、いくらホテルの敷地内とはいえ夜遅くにうろうろして、壁に懐中電灯照らしていたからでしょうか?声かけられまして一瞬固まりましたが(-_-;) ・・・

「何かありましたか?」とガードマンさん。自分「壁に生き物がいたので何かなと話してました」

そしたらそのガードマンさんにとても親切に教えて頂きました。全部は覚えていませんが、

「“ヤモリ”という生き物でこの辺りでは“家守”とも言われ誰も駆除しようとかしませんよ」というお話でした。

自分たちはこの時まで見たことがなかったので珍しく思えてましたが・・・

ここ2~3年ぐらいでしょうか?キッチンの前が出窓みたいになっていて、暖かくなるとガラス部分に我が家の“家守様?”が出てきてくれます。

話を聞いていたのもあるかもしれませんが、初めて我が家に登場した時

嫁も驚かず、ましてや歓迎した?くらいで、今では出てくると“春の知らせ”みたいな感じでいます。

最近では帰宅し食事をするとその窓が目の前になり、いるときは何となく癒されております。

先日なんか嫁が「この子おなかの皮が薄いしきれいだから新人さん?やと思うよ」なんて言っていましたが

何気によく観察しているな!!としかも家族?!みたいに。(ii|||)

別の意味で感心したほどです。(新人ではなく子供だと思いますが・・・)

実際昨年は子連れで、でてきてましたから。(^o^)

皆さんはこんな経験ありませんか?

不思議なもので“いてくれたらいいよ”なんて言われるとダメな生き物もかわいく見えてくるものなんですね。

さすがに私、蛇だけはどんなに良くても絶対に受け付けません!これだけは無理です《(;´Д`)

何はともあれ、家族みんなが元気でいればそれが一番かなと思います。

皆様もお身体を大切にお過ごし下さいませ。

 

本当にいつもありがとうございます。これからも皆様に元気や、楽しさをお伝えする事が出来る様に

頑張っていきたいと思っておりますので、今後も宜しくお願いします。

1 2